節約

【節約】yahoo!公金支払いで自動車税を納付

f:id:sakurasaku1111:20190520100429j:image

 

毎年5月もなかばになると突然ポストに舞い込むのが、自動車税の納税通知書です。

 

軽自動車であればそれほど高額ではないのですが、普通自動車だとけっこうな金額ですよね。

完璧に忘れていることが多いので、突然の出費にあわてふためくことが、我が家の初夏の風物詩となっています。

また、「そのうち振り込みに行こう」とのばしのばしにしてしまい、支払期限ぎりぎりになってさらに慌てるという醜態をさらすこともしばしば。

 

そんな我が家でしたが、最近、Yahoo!公金支払いという制度を使えば、自宅にいながら簡単に納付ができることを知りました。

さらに、分割払いができたりポイントがたまったり、いいことばかりです。

 

今回は、Yahoo!公金支払いでの自動車税納付について、メリットなどをまとめました。

 

自動車税とは

4月1日時点で自動車を所有している人に課税されます。

(年度途中で売却した場合は月割での支払いになります)

 

だいたい5月頭からなかばにかけて納税通知書が発送され、手元に届きます。

支払い期限は5月31日です。

期限をすぎると、遅延金が発生することがあります。

納税通知書が届いてから支払い期限まで2週間ほどしかないので、注意が必要です。

 

ちなみに、普通自動車は都道府県、軽自動車は市町村が管轄です。 

Yahoo!公金支払いとは

地方公共団体の税金や料金などを、インターネット上でクレジットカード払いができる制度です。

ふるさと納税の支払いも可能で、我が家もふるさと納税はYahoo!公金支払いを利用しています。

また、NHK受信料も支払い可能です。

 

ただし、対応していない自治体もまだまだ多いです。

お住まいの自治体が対応しているかは、サイトで確認することができます。

koukin.yahoo.co.jp

自宅にいながら支払いができるのが便利ですが、他にもさまざまなメリットがあります。

メリット

いろいろな税金が対応している

先ほども少し触れましたが、

 自動車税・軽自動車税

   NHK受信料

 ふるさと納税

 固定資産税

 住民税 

 国民健康保険料

 介護保険料

 水道料金

などを支払うことができます。

 

24時間いつでも好きなときに支払える

コンビニや金融機関に行く手間が省けます。

スマホからも簡単に支払いができます。

 

クレジットカードのポイントが貯まる

登録しているクレジットカードのポイントが貯まるので、現金で支払うよりもお得です。

ポイントの還元率はお持ちのクレジットカードによって異なります。 

 

分割払いが選択できる

通常、税金関係は一括払いが基本ですが、分割払いが可能です。

(一部分割できないものもあります)

普通自動車税の税額はけっこう大きいので、家計がピンチの時に分割ができるのは助かりますね。

Tポイントが使える

税金の支払いにTポイントが使えます。

貯まっていて使い道のないTポイントはここで使ってしまいましょう。

 

Yahoo!公式アプリなら、バーコード読込で支払い手続きが楽に

Yahoo!公金支払いとYahoo!公式アプリによる税金の支払いは、まったく別物のシステムですが、支払い方法は同じなので紹介しておきます。

 

払込票の表にバーコード、裏面の納付場所欄に「ヤフーアプリ」の記載があれば対応しています。

Yahoo!公式アプリにはQR・バーコード読み取り機能がついています。

払込票のバーコードをアプリから直接読み込むと、情報を入力する手間が省けます。

ただし、Yahoo!マネーへの登録が必要になります。

 

Yahoo!公金支払いと、Yahoo!公式アプリからの支払い、お好きな方法で納税してみてはいかがでしょうか?

注意点

すべての自治体が対応しているわけではない

先ほども述べましたが、まだ対応していない自治体も多いです。

こちらのサイトで確認できます。

Yahoo!公金支払い – インターネットで税金支払い、ふるさと納税

 

いずれはすべての自治体が対応するものだと思われます。

決済手数料がかかる場合がある

自治体や税金の種類によって異なるので、要確認です。

手数料はだいたい324円のことが多いです。

クレジットカードの利用でたまるポイントよりも決済手数料の方が高い場合は、従来どおり同封されている払込票での支払いの方が安くすみます。

 

納税証明書は発行されない

同封の払込票を使って支払った場合、その控えが納税証明書を兼ねています。

しかし、yahoo!公金支払いでは、納税証明書は発行されません。

必要な方は、従来どおり払込票で支払いをした方がいいです。

 

以前は車検を受ける時に、自動車税の納税証明書が必要でしたが、平成27年度から納税確認の電子化が始まったため、原則不要となりました。

なので、発行されなくても困ることはあまりありません。

もしも必要になったら、お住いの自治体に申請すれば取得することができます。 

必要な物

・ネット環境(スマホ可)

・クレジットカード

・地方公共団体から届く納税通知書

 

支払いの流れ

①送られてきた納税通知書を手元に準備します。

 

②yahoo!公金支払いのサイトにアクセス

自動車税を選択

→納税する自治体を選択し、支払いに進む

 

③納税通知書(払込票)に記載されている

・納付番号

・確認番号

を入力

 

④クレジットカード情報を入力

 完了!

とても簡単です! 

 

我が家の例

自動車税額は39,500円です。

クレジットカードは100円で1円分ポイントがつくため、395円のポイントが付きます。

私の自治体は決済手数料が324円かかるため、

 

395円−324円=71円

71円お得になりました!

まとめ

わざわざ出かけなくても自宅にいながら支払いができるので便利です。

クレジットカードのポイントも貯まり、Tポイントを使って支払いすることが可能です。

決済手数料がかかる場合があるので、手続きの前に確認をしましょう。

 

 

私が市役所に勤務している頃は、インターネット上で税金の決済ができるようになるなんて思いもしませんでした。

自宅にいながら 支払いができるので、小さなお子さんがいたり共働きのご家庭でも便利です。

今後、もっともっと便利になっていくんでしょうね!

楽しみです!